こんにちは、久しぶりにブログ記入!

さて、今回は、徳島市内から車で1時間以上離れたところからきて頂いた患者さま。

初診時、お人形さんのように、しゃべらず、目もほとんど動かず。支えないとコロンと転がっていきそうになるほど体の姿勢保持ができない状態でした。

食事も食べられなくなってきているとのこと。

これは大変!!と感じました。

付いて来られたおじいちゃん。「ものも言わんようになって。。」と

精神科からセロクエル、超長時間作用型眠剤に加え、施設の職員と精神科医師のはなしで、さらに抗うつ剤が昨日でましたと。。。

このままでは、食べれずどんどん衰弱です。認知症のおばあちゃんを助けようと、遠方の施設スタッフに連絡をとりました。結局は問題行動を医師に相談するとお薬が増えてしまう。。残念なことです。

ここで!でてきたのがコウノメソッド!脳の循環を良くする治療や抑制系の薬を徐々に減量し、フェルガードを併用。

(セロクエルは夕方1/4のみ、眠剤不要、抗うつ薬不要、少量のウィンタミン追加、サアミオン、シチコリン併用)

現在は、元気すぎる日もあるほどですが、目力もあり、ご自分で食事を食べようとしてくれたり。介助つきですが歩く練習もしています。

施設は、前の施設のスタッフが組織が若く忙しかったのか、私の質問に医療的なことはわかりかねます。。とのことで、

負担になるご様子でしたので、徳島市内にうつって頂きました。市内では看護師さん、介護スタッフさんの努力にのおかげで、元気さを取り戻されました。まだまだ微調整が必要ですが、一安心です。