こんにちは、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今日は小学生の不登校や行渋りでお悩みのお母さまへ。。

お子様に、

朝から

おきて~!!早くしなさい!!学校よ!とか。

帰ってくると

宿題できてるの?ご飯は?

寝る前には

歯磨きしなさい!おトイレ行って!とか

って、なっていませんか?

 

こころあたりのあるお母さまへ。。。

小学生になったらなら起きるのも、宿題も、ご飯たべるのも、歯磨きも自分でできるんです。(やりかたは100点じゃないかもしれませんけど)

 

ずっとずーっと、親が先々に声をかけ、過保護や過干渉にいていると、子供は無意識のうちに行動能力に変化がでてしまう事実(ほぼ100%悪い方向へ)を私自身も実感しています。

お母さまのきっちりとしたぶれない対応(方法はアドバイスさせて頂きます)でお子様は必ずかわります。

 

お子様がどのようにしているか、先々に声をかけずに観察してみてください。

すぐにできなくてもいいんです。お風呂に入れない日や歯磨きが十分にできない日、忘れ物をする日があってもいいんです。

その中から子供が自分で学びます!

 

もしも、うちの子供はなぜ。。とか、不登校や学校への行渋りで悩まれているのなら、一度副院長の外来(自費)でご相談下さい。(子供の相談でとお電話でお問い合わせ下さい)

(不登校が1カ月以上にわたる場合は、ご相談のうえで希望がありましたら、さらに専門的な先生の指導をうけて頂くことができます。)

くれぐれも、お子様には伝えずにお母さまだけでお願いいたします。

 

連絡先 もりの医院 088-625-1488