morino

院長:森野 訓明

昭和40年 徳島大学医学部卒。
徳島大学附属病院放射線科に入局。
以後、東徳島病院、四国中央病院、栗林病院、阿南共栄病院等にて勤務。
32歳でもりの医院を開業。
東洋医学、理学療法、鍼治療を取り入れながら地域医療に携わる。
ゴッドハンド?!により西洋医学で見放された腰痛や痺れを治療しているともっぱらのうわさ。スポーツ選手も多数訪れて院長の治療をうけられている。


higashi

副院長:東 照代

平成10年 愛媛大学医学部卒業
平成10年 徳島大学第一内科入局
以後、徳島県立中央病院研修医、徳島赤十字病院医師、徳島県立中央病院消化器科医師をへて
平成16年末に結婚、退職し医療法人青志会 医師として勤務。
現在は3児の母として介護、医療に携わっている。
平成16年より体にやさしい医療として、東洋医学をみつめなおしています。
また、認知症患者さまやその御家族の介護の日々を多数お伺いするうちに認知症診療の重要さも実感しております。西洋薬(アリセプト、リバスタッチパッチ、レミニール、メマリー)や漢方薬(抑肝散等)のみならず、サプリメント(フェルガード、エグノリジンS,プロルベイン、EPA,DHA等)、点滴療法(グルタチオン、ビタミンC、シチコリン)も含め診療に役立てつつ治療しております。

最近では、遅延型アレルギー検査、有害重金属・ミネラル検査、超早期がん診断検査(血液;CTC検査)などの海外検査を取り入れグルタチオン点滴、高濃度ビタミンC点滴を導入するなど、四国の徳島においても最先端の検査や治療が受けられるように常に努力しております。