Dr.東

1 4 5 6

お久しぶりです。

無事、4月に出産し、お待たせしていた外来を再開することになりました。

ベビーはくびがすわりかけたところ。あまり泣くと、こするためか、すぐに顔にじくじくとした湿疹をつくります。乳児湿疹には

少量のステロイドと保湿で治療中です。

さて、少しづつではありますが、外来をまずは下記のように予定させて頂きます。以後は、徐々に変更してゆく予定ですが受付けにご確認下さい。

【もの忘れ外来】

8月より、不定期ではありますが、火曜日、金曜日のみ10時から予約をとります。枠が少ないので、すでに9月いっぱいまで予約が入っています。ご了承下さい。

また、しばらくの間、外来は御本人の診察をメインにし、短時間でお願いしたいので、お悩みの多いかたは、事前にお電話でご相談ください。

こんにちは!

最近は、愛媛、香川、淡路の患者さまが増えて参りました。

遠方から来ていただき大変恐縮です。がんばらなければ!!

さて、県外からのご予約を考えてらっしゃる方も含めまして、

ご迷惑のかからないよう、ホームページにて予約についてのお

知らせをしておこうと思いますので、下記を御参照くださいま

せ。。

もの忘れ外来を受診の皆様へ

出産、育児の都合により、現時点では平成25年3月15日から予約を一時休止させて頂く予定です。4月~7月の約3ヶ月間は継続的に休止させて頂き、以後は日数を限定いたしますが、徐々に再開する予定ですのでよろしくお願いいたします。 つきましては、初診のかたは、予約がとりにくくなるかと思われますので、おはやめにご予約を頂けましたら幸いです。ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願いします。

*すでに受診済みの方で、体調の変化等で急がれる場合はまずはお電話にてお問い合わせ下さい。

こんにちは、久しぶりにブログ記入!

さて、今回は、徳島市内から車で1時間以上離れたところからきて頂いた患者さま。

初診時、お人形さんのように、しゃべらず、目もほとんど動かず。支えないとコロンと転がっていきそうになるほど体の姿勢保持ができない状態でした。

食事も食べられなくなってきているとのこと。

これは大変!!と感じました。

付いて来られたおじいちゃん。「ものも言わんようになって。。」と

精神科からセロクエル、超長時間作用型眠剤に加え、施設の職員と精神科医師のはなしで、さらに抗うつ剤が昨日でましたと。。。

このままでは、食べれずどんどん衰弱です。認知症のおばあちゃんを助けようと、遠方の施設スタッフに連絡をとりました。結局は問題行動を医師に相談するとお薬が増えてしまう。。残念なことです。

ここで!でてきたのがコウノメソッド!脳の循環を良くする治療や抑制系の薬を徐々に減量し、フェルガードを併用。

(セロクエルは夕方1/4のみ、眠剤不要、抗うつ薬不要、少量のウィンタミン追加、サアミオン、シチコリン併用)

現在は、元気すぎる日もあるほどですが、目力もあり、ご自分で食事を食べようとしてくれたり。介助つきですが歩く練習もしています。

施設は、前の施設のスタッフが組織が若く忙しかったのか、私の質問に医療的なことはわかりかねます。。とのことで、

負担になるご様子でしたので、徳島市内にうつって頂きました。市内では看護師さん、介護スタッフさんの努力にのおかげで、元気さを取り戻されました。まだまだ微調整が必要ですが、一安心です。

こんにちは。

今日は、音楽療法の患者さまについて嬉しい効果がでたのでちょっとだけご報告。。

70歳代の男性患者さま。音楽療法の体験をしていただき現在は継続して週2回させて頂いております。

このかたは、おうちで、お部屋に閉じこもっておられましたようですが、音楽療法初日でお部屋から出られるようになり活動的に!

表情もすごく良くなっていると思います、奥様も涙されていました。。

音楽療法ではご本人のお好きな曲のみならず、生活暦等を参考にすすめております、今後たくさんのかたのお役にたてるよう

がんばって参ります。

準備が整い、最終的に平成24年6月より当院で分子栄養学的な血液検査が施行可能となりました。関東のKYBのスタッフさまと連携し、そのお力をかりてようやく辿りつきました。

本日は、初めての患者さまが来院されました。関東のディレクター様も遠方からわざわざおこしいただき、健康でいることについて同じ思いのかたとお話ができましたので嬉しく思いました。しばらくは、ディレクターさまのお力をかりながら勧めて参りますが、今後は高濃度ビタミンCの導入なども視野に入れてつつ、当院でもいろいろな健康維持、病気(再発)予防を考え対応ができるよう前進してまいりますので、応援よろしくおねがいいたします。

6月12日に「認知症の困った症状は劇的によくなる」 が発売されます。河野先生をはじめ、認知症診療のトップランナーの先生や、現場で活躍されているスタッフのコメントと、私、東も登場いたします。読みやすく大変勉強になります。ぜひご一読下さい。

1 4 5 6